ぽるぼろん

天気:
一見、花とは思えないけれど・・・

画像


画像


大きな木全体が黄色く塗ったように、花で埋め尽くされ、壮観

画像


“カマバ(鎌葉)アカシア”の花です
葉の形が鎌のようだから

オーストラリア原産でマメ科の半落葉樹

画像


長さ4~10cmの円筒状の穂状花序に
5mm程の小さな花が無数に着いてます
一つ一つの花の形を見るため、もっと拡大を・・・

画像(左) iphoneではこれが拡大限界
(右)ネットからの画像を拝借


画像



アカシアの仲間は温帯や熱帯に約600種あり、
日本では“フサアカシア” 左;や “ギンヨウアカシア” 右; などがお馴染み

(画像はネットより)
画像画像



アカシアのことを “ミモザ” とも言われますが・・・
本来、ミモザは “オジギソウ”(下の写真)の事なので、正確には間違い
画像
黄色い花のアカシアが
ヨーロッパッパに持ち込まれた時、
「これはオジギソウ(ミモザ)に
葉っぱが似ている」ってことで
「ミモザアカシア」と呼ばれるように・・・
このミモザの名が独り歩き



以前住んでいたビレッジには、
アカシア通り(Acasia Street)がありましたよ

画像





画像おひさぁ~
“猫柳パンナ”で~す


“びっくらポンニュース” 
第二弾!?

発見!
フィリピンにも銘菓あり!!


今日は、意外と知られてない
ココの銘菓を紹介するネ  



 ポルボロン(POLVORON)

画像


16世紀半ばから300年間スペイン領だったので、
今でもスペインの文化などが強く根付いています
このお菓子もスペインの伝統的なお菓子なのですが、
本家のものを少しアレンジしています
小麦粉、粉末ミルク、マーガリンまたはバターで
練り固めた柔らかいクッキーのよう

画像クッキーと言うより
日本の“らくがん”に似てるね
でも、それよりもっと柔らかで
力を入れてつまむと
ポロっと割れるよ

口に入れてみるとジワーッと
形が崩れてミルクの風味が
口の中に広がりま~す
コヒーや紅茶との相性バツグン、
日本茶とも合いそう


写真左はコーヒー、右はクラシックなオリジナル味
他に、ウベ、ライスクリスプ(Piniping)、クリームクッキー と5つの味
各2個ずつ、全部で10個入りで約350円


 ビスコッチョ(BISCOCHO)

画像


一言で言うと、ほんのりコンデンスミルク味のラスク
一袋約150円で、2人でもメリエンダ(おやつ)に十分な量

画像
サクサク歯ざわりの良いラスク
決めの細かいビスケットのよう
味は、ちょっと懐かしいミルク味

難点は、口の中がモゴモゴ
になるので、飲み物と
一緒でないと苦しいニャン





オイラたちのメリエンダは無いのかニャ??

画像

画像



「にほんブログ村」ランキングに参加中

下の画面に応援クリックお願いしま~す
      
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2018年10月02日 21:17
春に彼方此方で咲く まっ黄色に染まったアカシアの花 ずーっと「ミモザ」とばかり思っていました。勉強になりました。
「ポルボロン」サクサクッと食べてみたいですね。
ラスクは日本の物と違うようですね。
2018年10月02日 22:33
こんばんは^^
アカシアの花綺麗ですね~~
日本でアカシアとされているのは、
北米原産のニセアカシアだそうです 
アカシア蜂蜜も、西田佐知子の(古~~い)
「アカシアの雨が止むとき」も殆ど
ニセアカシア・・・
でも街路樹などは綺麗ですけどね!
現地のおやつも美味しそう~~
2018年10月03日 10:01
黄色い花(サンシュユ)を家の西に植えています。金運がよくなるかな~って
おやつ、温かい紅茶と頂きたいな~。
2018年10月03日 10:16
もこさん
黄色いアカシアの花をミモザと呼ぶのはもう一般に親しまれてますね
ゆで卵を散らした黄色いサラダをミモザサラダ、おしゃれな感じです
「ポルボロン」、口の中で溶けるような不思議な食感です
「ビスコッチョ」はサクサク軽くて、なかなか満腹になりません
2018年10月03日 10:27
Kazzyさん
ニセアカシアは、花も大きくて白く、ロマンチックで歌になりますね
黄色いアカシアは数で圧倒する感じ
この小さな花からは蜜が取れませんね
スペイン本場のポルボロンを食べてみたいものです
2018年10月03日 10:38
猫ねこネコさん
サンシュユも黄色い小さな花を木一杯に咲かせるんですね
どことなくアカシアに似てます
ハルコガネバナという縁起の良い名前
アカシアも金運をもたらしてくれるかな
ココはスペインの習慣が残っていて、メリエンダ(おやつ)の習慣もしっかり浸透してます
役所の事務所の中に、お菓子売のおばさんが出入りしてます
2018年10月03日 14:47
こんにちは!です。
日本のニセアカシアの蜂蜜が美味しいデスよね。養蜂業の方が花の咲くのを追いかけながら、蜂蜜を摂ると言う事を聞いたことがあります。ハワイでもシャワーツリーなどがこの種類みたいですね。
2018年10月03日 15:47
ミモザと云ってしまいます
アカシア見事ですね
名前しっかり覚えます
ポルボロン&ビスコッチョ
銘菓美味しそう
お口の中でとろけてミルク味
何となく想像・・・
好きな感じです
お値段も嬉しい価格ですね♪
2018年10月03日 17:42
綺麗ですね・・
黄色い花が見事ですね。
見たことのない花も多いです。
カマバというのですね・・コップの中を洗えるようなたわしに見えます。

昨日、テレビでマレーシアの日本人が住む生活風景を見ました。部屋が5っあるのに家賃は6万円だそうです。
屋台で食べても350円でジュースまで付いて久根のにビックリ、今度ハワイをやめて・・冬はマレーシアがいいかも~寒い北海道を脱出です(笑う)。
2018年10月04日 09:37
わ-お、本当にカマみたいな形の葉っぱですねえ
花の付き方がまたちょっと独特な感じです…ブラシを思い出しました
日本だとこの花を見ると春なんだなって思いますが、そちらだと季節感ってどうなんでしょう
ポルボロンはこちらだと丸く作って、よくスノーボールクッキーとかいって売ってますよ
ぼろぼろ崩れる感じですよね
ビスコッチョはビスコッティ的な何かかと思ったら、ラスクですか
たまにフィリピンのお土産でお菓子をいただきますが、これ食べてみたいなあ
2018年10月04日 12:29
Tomi-さん
ニセアカシアは名前の通り、アカシア仲間じゃないので、花は大きいし、蜂蜜も取れるんですね
このアカシアは花が小さく蜜も無いので残念です
ココもハワイも南国で太陽燦々、花の咲き方が豪華ですね
2018年10月04日 12:39
ジュンさん
ミモザという言い方の方がロマンチックですね
ミモザサラダも連想します
ポルボロン&ビスコッチョなどココのお菓子、材料もシンプルで香料など入って無く、忘れていた昔懐かしい味がします
2018年10月04日 12:54
夕焼けさん
そうですね、このアカシア、瓶の中を洗うタワシのようです
小さな花の集合なんですね
わたしたちの今の借家も6万/月以下です
半分以上普段使ってない部屋があります(浴室、トイレもそれぞれ2つ)
逆に、小さな家が無いのです
おかげで掃除をするのがきついです
参考に、下記が住居の記事です
https://kalayaan.at.webry.info/201606/article_1.html

マレーシアなどもハワイと雰囲気が違って楽しめそうですね
2018年10月04日 13:08
摩利紫天@analog-yaさん
日本のアカシアは丸い球の集合ですね
これは瓶の中を洗うタワシのようです
春と秋に年2回咲くようです
ポルボロンは小麦粉を煎って粉ミルク、バターを混ぜ練り固め冷やすだけで、クッキーのように焼かないようです
だからポロポロ
買ってきて直前まで冷蔵庫で冷やして食べると、しっとり感が増し、美味しくなりました
2018年10月05日 08:56
ミモザはオジギソウのことで、その名前をアカシアが借りたのですか。今は、アカシアの方が本家みたいになってしまいましたね。日本ではアカシアといえば、ニセアカシアのことをアカシアと呼ぶことが多い。アカシアの蜂蜜と言うと聞こえがいいが、ニセアカシアの蜂蜜では売れないかもしれません。
フィリピンはヨーロッパの文化も入っているので、お菓子も多彩なのですね。
2018年10月05日 11:06
エフ・エムさん
日本ではニセアカシアもよく見られるようですね
花も魅力的だし、もっと良い名前にしてほしいですね
学名は“Pseudoacacia”といい、“Pseudo”は“よく似た”という意味ですがこれを“ニセ“と言ってしまうと可愛そう
「アカシアの雨がやむとき」のアカシアもニセアカシアだそうで、本家以上に売れっ子ですね
お菓子はスペインの影響が大きいようです
本場スペインのポルボロンも食べてみたいものです

この記事へのトラックバック