あんなこんなパンナ

天気:
この花はやっぱり乾季がお似合い

画像

“ブーゲンビリア”

中南米原産のオシロイバナ科の常緑低木

乾季の間ずっと花を付けて楽しませてくれますが、
特に今が花が多く見頃

画像


奥に赤いブーゲンもありますが、
白のほうが清々しくて好きです

画像


オヤ JUNもお花見かい

画像


画像




突然ですが・・・

22日早朝、PANNAが天国に
旅立ってしまいました
8歳5ヶ月でした


今月始め頃から餌の食べる量が少なくなって来ました
12日(月曜)、全然食べようとしないので、クリニックへ

血液検査の結果
画像画像



WBC値(白血球数)が多く、感染症に
かかっている可能性があり、
更に、BUN値(尿窒素量)、
CRE(クレアチニン排泄量)が異常で
これらは腎臓が損傷を受けていることを示しています

腎臓病は猫の宿命病で、
しかも腎臓は一度損傷を受けたら
自力再生出来ない(薬も無い)と言われています

まず対感染症として抗生物質注射をしてもらい、
脱水症状も起こしてるので点滴をしてもらい、
様子を見るため入院しました

15日(木曜)、退院
WBC値が正常になり感染症は治ったと考えられ、
脱水症も良くなり点滴も外され、
食事も缶詰を少し食べれるようになったので

ただし、腎臓の数値はほとんど良くなってませんが、
自宅で治療するしか無いようです
これ以上慣れない場所での
PANNAののストレスも考え・・・

ところが、帰宅後、
餌(療養食のドライフード)を食べようとしない
ドライフードが嫌なのかなと思い、
好物の缶詰を与えてもだめでした

仕方なく、ドライフードと共に
クリニックで処方されたサプリを
スリバチで潰し水を加え、シリンジで与えました

画像


3日間ほ食べてくれましたが、
以降食べたものを吐く様になりました
また吐くのに長時間かかり、体力を消耗していきました
シリンジを口に当てても口を開こうとはしません
食べたら苦しくなると自分でも分かってるからでしょうか

わたしたちも、もう、餌を与えるのを断念しました
当然食べないからどんどん衰弱していきました

もう私達ができることは、
名前を呼んだり身体を擦ってやれるだけ
そんなときでも、尻尾をパタパタ振って応えてくれました

そして退院して1週間、
頑張り抜いて旅立っていきました

画像

庭の白いブーゲンとバラに包まれ
ピューレを3つ・・・
KABUKIとめぐと一緒に食べれますように


火葬はKABUKIとめぐもお世話になった
メモリアル・チャペルで、
その日のお昼にお願い出来ました
(めぐのその時の様子はこちら

画像

右よりKABUKI、めぐ、PANNAの大理石の骨壷
PANNAのが一番大きいですが、
単に小さい物の在庫が無かっただけ




 PANNAの思い出

長年一緒に暮らした歴代のニャンズの中で、
誕生日を知ってる(我が家で生まれた)のは
PANNAとAPPLEだけ(兄妹)

めぐは保護された赤ちゃん猫だったし、
KABUKIやJUNは幼い頃、我が家の庭に
偶然やって来たので・・・

誕生の様子はココを御覧ください

母ちゃん(CHACHA)と一緒
画像


オット 見てたのね~   3ヶ月
画像



左:4歳  右:7歳
画像画像



PANNAは人懐っこくて甘えん坊

わたしたちの足にスリスリが大好き
気を付けないと、踏んづけそうになります
画像


餌が美味しい時には、
時々「ウマイウマイ」と唸り声もあげました
いつか録音しておこうと思ってましたが、もう叶いません


“しったかぶり PANNA” (左) や
“猫柳パンナ” (右)のキャラで
ブログを賑わせてくれました

画像画像


メモリアル時計にアレンジして、右サイドバーに置きました

「ブーゲンビリア」の花言葉は「情熱」「魅力」
身体の模様同様、多彩な魅力を見せてくれました


楽しいたくさんの思い出をありがとう
天国では、みんにゃんと仲良くね


画像



 前記事のクイズの答え

洗剤です

画像


ココは半年の雨季がありこの間外で干せない
逆に乾季は日差しが強く乾燥し過ぎで外に干すとゴワゴワ
結局年中、部屋干しになってしまいます
部屋干し機能の洗剤は不可欠なんです、が
何故かココで売ってる洗剤にはありません
更に洗剤の刺激臭がきつく、目にしみるのも気に入りません

食器洗い用も、ここのは泡切れが悪く、匂いもきつい 

なんと洗剤だけで 15kg以上


正解された方 ・・・ もこさん、ジュンさん 
さすが経験豊富な主婦ですね




「にほんブログ村」ランキングに参加中

下の画面に応援クリックお願いしま~す
      
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

2018年11月26日 17:14
ブーゲンビリアの白素敵
我が家のピンク家に入れましたら
蕾がいっぱいで咲くのが楽しみです
可愛いPANNAさん
T&M さんのお家で幸せだったと
きっと想っています
寂しいですね
なが~~~い
主婦経験が活かされて正解♪
(v^ー°) ヤッタネ
2018年11月26日 17:40
初めてお邪魔します。

大切な家族を亡くされて、皆様のお悲しみを
思うと切なくなります。
でも、きっと幸せな”ニャン生”だったこと
でしょうね。
たくさんの思い出が心に永遠に残りますね!

2018年11月26日 20:40
PANNAちゃんのことご愁傷様でした。
淋しくなられましたね これからはお二人のこと天国から見守ってくれるでしょう。

ブ-ゲンビリア白い花は清楚で素敵ですね。
2018年11月27日 09:25
白いブーゲンビリア、すごく綺麗ですね
PANNAちゃん、まだ8歳だったのに…
我が家の二代目は結石ができやすく長患いしていましたが、こんなにあっという間に旅立ってしまうとは
PANNAちゃんは精一杯頑張って、T&Mさんとのお別れの時間を作っていたように思えます
虹の向こうで今頃みんなとちゅ~るかな…
2018年11月27日 09:55
ジュンさん
ブーゲンビリア、花数が多く花期も長いので楽しめますね
我が家の女子猫たちは多くが修行に出てしまった中で(右欄の写真)、PANNAは居着いてくれたのに・・・寂しいですね
闘病、よく頑張ってくれたと思います
クイズ正解、おめでとうございます
家事の大変さ、経験しないとわかりませんよね
2018年11月27日 10:21
なる ど〜る(nal.doll)さん
家族同様のニャンズたちに励まされ、癒やされることが多いですね​
朝もニャンズにご飯をと思うと、寝坊が出来ないし、自分たちも自​然と規則正しい生活になります
PANNAも楽しい思い出をたくさん残してくれました
一時は、右欄の様に大勢居たのに・・・寂しくなりました
これからも、JUNとAPPLEよろしくね
2018年11月27日 10:34
もこさん
昨年の“めぐ”に続いてだから一層ショックです
でも、わたしたちもPANNAから癒やされ楽しい時間を持てたので幸せです
PANNAも同様にそう思ってるでしょう
ちょうど白いブーゲンビリアがPANNAのために咲いてくれたような
2018年11月27日 10:54
摩利紫天@analog-yaさん
真紅のブーゲンも庭にあり、元気をくれるけれど・・・
気分が沈んでるときは、逆に白い方に癒やされます
そうですか、わたしたちも日本に居た時飼っていた雄猫が結石で、月に何度もクリニックに通って大変でした
PANNAはあまり苦しまず旅立てたことは幸いかも
そばで見てるわたしたちは「そんなに頑張らなくても・・・」と思っても、本ニャンは少しでも長く生きたいと頑張ったのでしょう
強い生命力に胸が打たれます
“ちゅ~る”の追加注文あれば送るよ、PANNA
2018年11月27日 13:24
こんにちはー"(^o^)"ーす。
PANNAちゃんのご冥福を祈ります。
我が家も2匹のねこちゃんが旅たって月日がたちますが、思い出すと悲しくなってしまいます。
それからは、飼わないようにしていますが近所のネコちゃんがよく遊びに来ています。 
2018年11月29日 10:12
Tomi-さん
一緒に暮らすペットからいろんな癒やしをもらえますが、生命の尊さも教えてもらえます
思い出すと悲しいですが、同時に楽しかった思い出も蘇ります
以前は大勢のニャンズが居たのですが、今は2ニャンだけになりました
自分たちが元気を保って、彼らを最後まで見てやる責任があると思っています
2018年11月29日 10:55
8歳ですか。
綺麗なお花に囲まれて虹の向こうへ行ってしまったのですね。きっとみんなを見守ってくれているのでしょう。
お家で看取ったのは、その姿を目の当たりにしてお辛かったでしょう。
でも、最期まで一緒にいられたのは、幸せでしたね。
ご冥福をお祈り申し上げます。
前回の答えは洗剤でしたか。
液体だから重かったですね。
やはり日本の洗剤は優秀なんですね。
2018年11月29日 17:21
PANNAちゃん 旅立ってしもたんですね
昨日なんとなく最近ブログ巡りできてないなぁ
T&Mさん元気かな?ってふと頭に浮かんだんですよね
綺麗な顔してる 白い花に囲まれて
安らかな顔してますね
幸せな8年間寂しくなるけど
向こうで美味しいピューレの自慢してますよ!
2018年11月30日 10:48
猫ねこネコさん
何もしてやれずただ見守るしか無いので辛かったです
頑張って生きようとする姿に胸塞がれました
以前は大勢ニャンズが居たのですが、昨年のめぐに続きで、とうとう今は2ニャンだけ・・・
余計に寂しいですね
8年間一緒に暮らせ、癒やしもいっぱいもらえ、お互い幸せだったと思うようにします
洗剤、日本は使う側のきめ細かいニーズに対応されてますね
ココは未だに、メインは盥での洗濯が主流
重くても、1年分運ぶしか無いようです・・・
2018年11月30日 11:03
そらさん
8年間、一緒に暮らせたのはわたしたちも、PANNAもお互い幸せだったと思います
昨年のめぐに続いて・・・
更に3ニャンから2ニャンになったので寂しさがぐんと感じられます
PANNA の派手模様が懐かしいです
ピューレ、食べれてよかった~:by PANNA
2018年12月01日 11:28
白いブーゲンビリアもあるのですね。
初めて見た気がします。
皆さんも思われるように、本当にきれいですね。

何だか花嫁を見るような気持になりました。
素適です。

そして、いつもコメンンと有難うございます。
可愛い猫ちゃんと楽しく過ごしてください。
2018年12月01日 12:22
夕焼けさん
赤いブーゲンも情熱的で良いのですが、ココの様に暑い所ではちょと疲れます
白は、ほっと一息つけます
そうですね白いレースを連想しますね
2人きりの生活なので、猫たちが話し相手で癒やしになります
2018年12月03日 22:37
こんばんは
白いブーゲンビリアが綺麗だな~~って
見ていたら・・・
PANNAちゃん、残念でした・・・
8才は少し早い様な気がしますが、猫ちゃんは
腎臓を悪くすると命取りになるので
仕方無いのかもしれませんね・・・
虹の向こうで先輩猫ちゃん達と、楽しく
過ごす事を願ってます!
2018年12月04日 10:07
Kazzyさん
白いブーゲンビリア清楚ですね
ちょうど花盛で、PANNAに飾ってやることが出来ました
腎臓病は飼い主が気付いた時はもう遅いと言われています
もっと一緒に暮らしたかったけれど・・・残念です
でも、我が家で最後を迎えられて、わたしたちもPANNAも良かったと思いたいです
そうですね、虹の向こうには大勢の友達
みんニャンで楽しんでるでしょう

この記事へのトラックバック