Kalayaan すぴりっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 長い 道のり : PART 3

<<   作成日時 : 2009/10/28 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

天気:
きょうも、いい天気。
もう乾季確定かって思ったら、
次の台風21号が、向って来ておりますがな〜 
“ウニ(海胆)”か、い〜や、花ですよ
画像

ネムノキ(合歓木)の仲間で、
オオベニゴウカン(大紅合歓)というそうな。
英名“ Red Powder Puff ” のほうが、判り易いなぁ。
女の人が、粉おしろいを付ける時に使うパフ   
画像

右の実の様なのは、つぼみの集まりです。
画像

後ろから見るとよく判ります。
それぞれのつぼみから、
ハケの様な糸状の花が出て、全体で、丸くなる。
“自然は巧みな芸術家”ですね。
画像


本日は、タイランド後編(2002年夏)でございます。
ひとり暮らしのあたしの父、ある日訪ねてみたらばね。
こんなコト、つぶやいたんざんす。
お父さんこんだけ長生きしたら、
もう思い残すことないよ。
ふんふん、と合づち打つあたし。
お父さんあとひとつ、やってみたいことあるんだよね。
ふんふん、それで?

生きてるうちに一度、

海外旅行したいんだ〜!!


ふんふん、ええ〜っ?いま何て言ったぁ?
88才で初海外デビュー、ってか〜!!

二ヵ月後、行ってみました三人で。
黄門さまには、お供はふたり
プラン練る、時間はなくとも、
ご予算たっぷり。(父の大盤振る舞い)
鉄道マニアの父ですよって、選んでみましたこのパック。

E&Oで巡る、

タイ〜シンガポールの旅


BY JALパック

なんせ年がトシなんで、ビジネスクラスをご利用〜。
(当然、お供も、ご相伴にあずかりやした。)
ホテルも自動的に、五つ星になるのねぇ、パックって。

さてさて二度目のタイランド、戦利品はねぇ。

気のせいか、みなさんナンだか、小粒ですなぁ〜
仕方ないのよわたしたち、黄門さまのお供ですよって。
(うちの黄門さま、お取り扱い、難しゅうございます

 木彫りの“民族楽器を弾く人形”
バンコクのアンティークショップでGET
画像

 陶器製の象
上と同じお店でGET
画像

(左上) ラッフルズホテルで買った本
 (右上) オリエンタルホテルからのプレゼントの本
 (左下) ラッフルズホテルで買ったペーパークラフト
 (右下) E&Oのパンフレット
画像


バンコク〜シンガポール 鉄道:1,100マイル
シンガポール〜大阪:3,000マイル
大阪〜マニラ:1,650マイル

小粒の皆さんご一行,

5,750マイルの旅、

しはりました
 

特別ふろく 1
オリエンタルホテル・バンコク  
五つ星にふさわしい、華麗なロビー
画像

部屋からは、チャオプラヤー川が望めます
画像

E&O:Eastern and Oriental Express
バンコクからシンガポールまで、
マレー半島南下、2泊3日の豪華列車の旅
   E&O のポスター
画像

画像

(左上)食堂車 (右上)バー・ラウンジ
(左下)ラウンジ (右下)展望車のラウンジ
画像

因みに、各ラウンジでは、
アルコール以外の飲み物、フリーです 

最後尾にある展望車
鉄道好きの父の、お気に入りの場所。
画像

正装でディナーに、のぞみまする。
画像

ランチも、これまた、フルコース。
朝食は、キャビンまでボーイさんが、お運び〜。

“戦場にかける橋”
画像

キャビンアテンダントと一緒に、、、パチリ 
“本望だね、長生きした甲斐があったよ”BY 父
(お父さん、ドサクサ紛れに手を握ってません
画像


特別ふろく 2
ラッフルズ ホテル 
吹き抜けで広々したロビー
画像

部屋も高い天井
画像

大きなベッドとお風呂
シングルベッドがこの大きさ
浴槽で、足が向こうに着かず、おぼれかけたがな〜 
画像

アンティークな家具の数々
画像

木の重厚な雰囲気
画像

ヨーロッパの香りがする中庭
画像



おまけ

きのうの晩ごはん

金平ごぼう、だし巻き卵
お吸いもの、白菜・キュウリの浅漬け
画像

金平ごぼう:ゴボウは日本食材店でGet。
       鶏ミンチ、人参、コンニャクを入れました。

きょうの朝ごはん

パン、サラダ、
アスパラとソーセージ炒め
フルーツ:ホメロ、ダランダン(青ミカン)
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
朝食のパンがいつもおいしそうですね。(それ以外もおいしそうですが)ホームメイドですか?
みま
2009/10/29 10:11
昔、初めての海外旅行ということで、父と母をサイパンへ連れて行きました。弟夫婦まで着いてきましたが。
よほど気に入ったのか、翌年こちらには何も言わず二人でハワイへ・・・。
帰ってきて「ハワイのほうが良かった」
親孝行も難しいです。
去年母を台湾へ連れて行ったときは・・・・
「疲れた。日本が一番」
うーーーーん。やはり難しい。
Pochi
2009/10/29 11:16
みまさん。
残念ながら、パンは買っておりま〜す。
わたしたち好みのパン、スービックでは売ってないんですよぉ。
そちらのパン事情は、どんなモンでしょうか?
オーガニックが盛んなバギオ、ヘルシーパンもお店に並んでますかぁ?

マニラ上京の折に、お気に入りホテルパン、買いだめ。
冷凍保存で二週間はまかなえます。
それが尽きた頃、クラークのフレンチベーカーで補充。ここのパン、悪くはないですが、さほど値段の差は無いのに、味・量ともに見劣り。
でもって、コレが尽きたら最後の手段。
地元スーパーの(一応?焼きたて?)モノ、買います。
三段構えで、やりくりしてます。

ホテルパンがある時は、さほど感じませんが。
無くなった途端、ここは田舎なんだと、しみじ〜み。
ですが、
美味しいパンより、ここのナチュラルな空気の方が、貴重品ですねぇ。
T&M
2009/10/29 11:45
Pochiさん、
そうですね。
お年寄りの世話は、ホント難しいです。
感謝して欲しいから、したのでは無いけれど、
後で“無理やり連れて行かれた”様な事を言われると、
切れてしまいますよネ。
(父との2回目の時が、そうでした。オット、2回目の記事は、まだでした。
請う、ご期待
T&M
2009/10/29 12:27
 我が家は日本から持ち込んだホームベーカリーで焼いてます。材料は現地調達の、ごく普通の安いもので。こっちは気温が低いので、よく膨らむんですよ。こちらの人に聞いたら、気温が低いので、普通に作ってはうまく発酵しないんだそうです。ホームベーカーリーは、そのあたりも調節してくれるのか、トラブルなしですね。他においしいパンは売っているかどうか・・・・おいしそうに見えるパンもありますが、試したことがないので分かりません。見た目だけじゃ分かりませんものね。
みま
2009/10/29 15:57
みまさん。
やっぱホームベーカリー、使ってはるんですねぇ。
うちも日本にいた時は、使っておりました。
移住する時に、息子のお嫁さんに、バトンタッチ。

ココは湿気が多いので、買って二三日後には、冷蔵庫にゴ〜なのよね、パン。
二人暮しなモンで、ホームメイドに踏み切れないんですねぇ。

毎日食べても飽きないのは、ホテルパンだけ!!
コストパフォーマンス考えても、うちは当分ホテルパン
で行ってみますかぁ?!
T&M
2009/10/30 09:32
今回のアメリカ赴任で私の父も連れてきたんですが、3ヶ月でアメリカに合わず帰国してしまいました。その時の78歳がでした。
日本で父の近くに私の兄がいるんですが一人暮らしのため、思い切って観光ビザ(10年)も取得しての訪米でしが、役に立ちませんでした。
kajinao_father
2009/10/30 13:46
88歳で海外デビュー! 素晴らしい。
キャビンアテンダントと一緒のお父様、とっても
幸せそう〜 いい親孝行なさいましたね。

50ちょいでは、人生まだまだってことだ。
健康でいれば、できることがいっぱいある。
たった一度の人生ですもの、楽しまないとね。
お父様に元気頂きましたぁ〜
casa blanca
2009/10/30 14:25
kajinao father さん。
お互い親(特に男親)では、泣かされますなぁ。ご同情申し上げます。
って、うちも同情して欲しいわぁ〜
思い起こせば三年前、フィリピンイイかも、、なあんてね。
トライアルで来たのよ、黄門さま。
三ヶ月のご予定が、アッと驚く二週間。
黄門さまのお医者さま、ケアマネさんにお友だち、皆々さまのご期待も、露のごとく消えますたぁ。
ノービザなので、お宅さまより傷は浅かったカモ〜

ですが結局二年前、新築個室特養に、ぎりぎりセーフで
入居ですぅ。
年二回の日本帰国は、黄門さまへのお目通りだす。
極寒を避けて、春・秋に致しておりますのよ。
もうすぐその日が、、、やってきます。

ちなみに十年観光ビザ、、、知りませんでしたがなぁ。
難しいんでっしゃろな?取得するのん。
T&M
2009/10/30 19:50
casa blanca さん。
父はだんなさんが、大そうお気に入りでしたのよぉ。
旅行の時も、頼り切っておりました。
6月に帰国した折、父は病院におりました。
年がトシだけに、回復は難しいかと。
94才ですよって、もう手立ては限られます。
私たちの顔は判るけど、名前は言えない、と聞かされてましたが。
だんなさんの名前、何度も呼んだんですぅ。
わたしの名前、、、出て来なかったざんす。
チョビッと、ショックでした。
未だ退院のメドが立たないので、今回は荷物の整理なども、しなければ。
父の嬉しそうな写真を見ると、胸の痛みも、すこ〜し軽くなったよな。
T&M
2009/10/30 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
おとぎの国想い出のアイドル時計 ♥ めぐ ♥
1月5日 虹の国へ
画像
ホームページ制作
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

2010年1月? 生
画像

2010年6月7日生
画像

2010年6月7日生
画像
画像 2012年6月13日天使
(7歳)
画像

2017年1月5日天使
(18歳)
画像

画像 “突然いなくなったニャンは
山に修行に出たから” 
という言い伝えがあります
コレ信じて待ってるよ!


2013年3月出
画像

2013年8月出
画像

2014年5月出
画像
画像
画像
画像
長い 道のり : PART 3 Kalayaan すぴりっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる